忍者ブログ
主観的な内容ばかりなので閲覧注意です。どうでもいいことも多く書いてます。
[120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「誰かが足を引っ張っているようだな・・・まさか太閤か?」みたいな台詞があった。はず。これ汎用なんだと思いますが多分初めて聞きました。
つまりこれって大谷は秀吉のことを疫病神扱いしてるってこと・・・なんですかね・・・? 友好的にはどうにも聞こえませんけど。
私の中の大谷の心境変化はこんな感じ。

「もう皆不幸になれよ我はもう不幸のままでいいから太閤も竹中も三成も徳川も不幸なれよ」(豊臣時代)

「やったーなんか太閤死んで三成がすげー不幸になった!今まであいつずっと太閤の役に立てればずっと幸せそうだったから嫌がらせしても全然不幸ならなかったからマジすっきりしたわ!」(3突入)

「・・・えっ嘘まさかそこまで不幸になるの?やばいこいつ我より不幸じゃん不幸のどん底じゃん・・・ま、まぁ我は皆不幸になればいいから別に構わないがなひひひ」(3序盤)(赤ルート)

「・・・・・・でもこいつがこんなに不幸なのに徳川の周りばっかり幸福なのっておかしくね?あいつらが滅茶苦茶不幸にならないのなら、三成がちょっとぐらい幸せになってもよくね?我だってそこまで不幸じゃないような気がしてきたし、三成もさ、ちょっとぐらいはさ・・・。・・・・・・・・・・」(後半)

「駄目だ幸福とか夢物語に思えてきた・・・でもとりあえず三成は不幸の髄まで味わったんだから・・・いやでも我が他人の幸福を望むとか、そんなバカな・・・いやいやそれはないだろ・・・えっ・・・でも、・・・」(青ルート)
PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤下
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]