忍者ブログ
主観的な内容ばかりなので閲覧注意です。どうでもいいことも多く書いてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 私はケンシロウを愛していますと俺の目を真っ直ぐ見つめてそう告げた、血の繋がった妹の目は今にも泣き出しそうに見えた。俺はそんな艶やかな女の目をした妹を静かに見返して、そうか、と頷く。彼女が俺に何を求めているのかそれで察することはできたけれど、それに従うのは癪だった。それは何だろうか。ラオウに対する友情か、信奉か、ケンシロウよりもラオウが劣るなどと言う妹の言葉を、信じたくなかったのか。
「ならば俺はラオウに付こう」
「兄さん」
 二つの目はそれを留めようとしているのか苦痛で歪んでいる。
「俺が死ぬ姿でも見えるか、ユリア」
 まるで責めるような口調になってしまった自覚はある。ユリアは微かに俯いて、その伏せた瞼をしとどに濡らし、はらりと涙を落とした。黒い柔らかな髪が肩口から零れた。妹でありながら母のような、しかし美しく成長した姿は紛れも無い男の劣情を誘う女のものだ。この妹は、「おんな」の全てを体現している。
「口に出して止めぬところがお前の卑怯な所だな」
 かつて俺達を育てた男は、ユリアには未来が見えると言っていた。それゆえに心を閉ざしたと。一番近くで幼い彼女を見守りながら、俺はそれを知らなかった。いや、本当に見えるのだろうか、未来などという曖昧なものが。それならばこの女が選んだ男というのは結局のところ最後まで生き残る人間であって、はたしてこの女の愛というものが、真に注がれるべき相手なのだろうか。
 俺のそんな身も蓋もない考えを一蹴するようにユリアはひたすら涙を零し、嗚咽を上げるように呻く。
「兄さん・・・・・・兄さんは死んでしまうわ・・・・・・」
「時代の礎として死ぬのなら本望だ」
「狼が犬死にだなんて」
「口が過ぎるぞ、慈母星」
 首の裏側がちりちりと痛む。首輪でもつけられた感覚だった。女の涙が首をぎりぎりと締め上げてくるように感じる。
「泣くな」
「兄さんがラオウのために生きてケンシロウのために死んでも、それが運命ならと、止めずにきたのよ」<BR>
 今だけでも貴方のために泣かせて、とユリアは嘆いた。憐れな女だと詰ったが声は出なかった。彼女の涙を拭うには俺の爪は伸びすぎている。嗚咽の声だけがしばらく響いていた。
PR

折りたたみで、七花と家康についてなんか・・・考えたけどよくわからなくなった。

戯言
「一人で生きて一人で死ぬのが怖くなったのはいつからだろう」
「私達は一人じゃ死なない。家族がいるからね」
「一人にはさせないよ、迷惑でも」
「愛の押し売りさ。返却は許さない」
「離してやらねーよ」

「空が青い限り俺は大丈夫さ」
「一日に12時間は大丈夫じゃない時間が来るんだな」
「大丈夫じゃない時こそ、俺を口説き落とすチャンスだぜ?」
「お前を口説き落せるチャンスが多すぎてつまらん」
「お前は24時間口説き落とせるけどな!」
「タイムリミットが短いだけだ」

ばさら
「私の首とお前の首に、お前の言う絆の糸を結んでくれれば、一緒に死ねるさ」
「首が絞まって苦しいから、指に結ぼう。心と一緒に、いざというとき切り捨てられる。指が無くなっても、泰平の世ならそこまで困りはしない」
「切り捨てるのを既に見ないでくれ。過去を振り返ってくれ。栄光のあの日々を忘れないでくれ」
「昔は苦しいことばかりだった。前に進ませて欲しい。お前を捨てさせてくれ」
「許しはしない」
「赦しは要らない」

「あの人が治めない幸せな世など嘘だ。あの人がいない優しい人々なんて贋物だ。あの人の創らない美しい人生など偽りだ」
「そう、そもそもあの人の創る平和な世が、儚い夢だったのだ」
「そう、あの人の国は私の住みやすい世界だった! 人のために人が死んでも喜ばれる国だったのに!」
「お前はワシを裏切った」
「否、お前が私を裏切った」

「お前の復讐の日は一日で潰えた」
「お前の過去は一日で清算された」
「それが、喜ばしい」
「それが憎らしいのだ!!」

 爪いてぇ・・・。

ネタメモ
ばさら 三成と家康の希望談義
     幸村と佐助 家康について
     慶次とかすが 春の訪れを待つ人とずっと冬が続いて欲しい子
     家康が新しい服買わないからマジギレした侍女が東軍面子に頼む
     鷹狩りする家康と孫市
     半兵衛の遺品整理する家康と官兵衛

でも良く考えたら半兵衛生存時に官兵衛左遷なのか・・・?官兵衛じゃなくて三成にするかもしれない。

戯言 時刻を甘やかす真心 膝枕編
    オセロをする兎軋 白尽くし
    海行こうぜ 零崎一家争奪(20万打お礼)

DB タレ飯学校帰りにナンパ    
 どうしても真心と家康を重ねてしまう・・・いや、駄目なんですけど。○○みたいーとか明らかに駄目なんですけど。どうしてもこう・・・キャラクタについて考えるとどうしても「もしかしてこいつもあいつみたいな・・・!」と妄想してしまう病。もはや癖ですね。爆殺してくださいペリルポイントォ!!

 そんなわけで家康の最も不幸な点が「自分が不幸だと思えない不幸」だったらと思うと頭が破裂しそうです。幼い頃から色んなものを失って奪われて色んなことを乗り越えて強く成長できた結果、今まで己の失敗のせいで死んだ人たちが最も不幸、自分が不幸だなんて思っていられない、しかも今10万人もの兵に慕われて、日ノ本一の果報者であると思える。それを自覚しているからこそ、周りもあいつはなんて幸福なんだろうって目で見るし、人生の成功者みたいにカテゴリに分類される羽目になったり。
 三成や大谷は自分が一番不幸なんだから周りも皆不幸になればいいのに憎い奴は皆死ねばいいのにって声高に叫べるし嫌なことも辛いこともむしろ不幸自慢ばりに吐き出すのであああいつはなんてかわいそうなんだろうなんて不器用で純粋なんだろうと思っちゃうという。
 家康も自分が幸福だと思い込んでるから今までの不幸なんて眼中になくて、三成から全て奪ってしまった大谷を救えないだとか何でもかんでも自分のせいにして、少しでも不幸になってしまった人の痛みを受け入れたがる癖に、それでだいぶ傷ついてるくせに自分が傷ついてるのに気づけないなんという負のスパイラル!!

 半兵衛の「秀吉も人だ。(ねねを殺して)傷つかないとでも思っているのかい」という言葉を言い換えて置き換えるなら、家康も人だけれど、傷つかないと思っている(自分で)。

 真心とは方向性違うけどそう考えると痛い。
 人間関係の話ですけども。
「幸福というのは人によって変化するけど不幸というのは共通して人間関係が満たされていないことを言う」
 これを当てはめるのなら三成・大谷はドンピシャなんじゃないのと思いますがどうなんでしょうかね。そもそも「満たされてるかどうか」というのも結局人によって変化するので不幸の形である人間関係が満たされているか否かというのも幸福と同じようなもんの気もしますけど。

 そもそも三成は大谷とどれだけ親密になろうが秀吉が居ない限りは幸せになれない訳ですよね。大谷が親友になろうが恋人になろうが父になろうが母になろうが無理なわけですよ。なんたって大谷は神になれないわけですからね。人は誰の代わりにもなれないって西尾信者の私はそういう考えに至るわけでもう三成が幸せになるにはタイムマシンで過去に戻るか天国か地獄かわかりませんけど死んで秀吉の下に行くしかないと。タイムマシンで過去に戻ろうが家康が秀吉を殺さなくても伊達辺りが秀吉倒しそうですけども。結局三成は秀吉に心酔した時点で行き着く先が決まっちゃってる気もしないでもない。

 脱線しました。大谷の場合「不幸があれば幸せになれる」んじゃないのかとも思いますけど、それじゃ駄目なんですよね。大谷は自分も不幸にならなきゃいけないわけなんですから。三成だけを不幸にさせたくないということを=三成だけ幸せにしたいっていう極論に変えれば(三成を不幸にさせたくない=三成を幸せにしたいということとは考えてません。未定)「三成を幸せにしたい→そうすると大谷は幸福か不幸か?→願望が叶う点でいえば幸福」 でも大谷の人間関係が満たされるっていうのは三成がいること? じゃないですよね? 大谷は多くの人を不幸にしたいわけで、つまり「世界中の人がいなくなって三成だけが幸せな世界」ってのは100点満点じゃないわけですよね。大谷の満たされた世界には人は必要不可欠だけどだからといって三成だけがいると三成を不幸にさせなければいけない→でも三成が不幸になるのは嫌だという・・・。

 つまり、幸せな奴は皆不幸になればいい→不幸な人が大量の世界→三成だけ幸せであってほしい→満たされた世界→だとすると大谷は幸福になってしまう→不幸がありながら三成がいる世界に「大谷が存在できない」→これは不幸や→あっこれ大谷青ルートオチじゃん→でもこれ三成幸福じゃないよね→そもそも三成は秀吉が居ない限り幸せになれないんです。忘れちゃいかん

 つまり大谷さんの最高の世界って実現不可能じゃないの・・・まさかの時刻とダブるこの結論に胸の高鳴りが隠せない。

 また脱線した。結局のところこの定義に当てはめようとすると三成と大谷には幸福は訪れないという残念エンド・・・そういや家康はどうなのかしら。そもそもあの人の満たされるのも良く分かりません。家康は人間関係が満たされなk・・・・・・・・・・いやいやいや違う違う。そもそもあの人の幸福ってなんなのかが分かりませんね。「平和な日ノ本」って夢なのはわかりますけど、それを叶えて幸せになるのは民草なのはわかりますけど、結局家康の意思ってどこにあるんですか。おい物欲どこいった。
 ・・・・・?????駄目だ家康深すぎてこの混乱した脳じゃ収拾つかない。

 余談・ 三家派です。

・半兵衛に頼まれて三成の面倒を見させられる大谷。舌先三寸口八丁で秀吉は素晴らしいとか半兵衛は頭がいいとか三成が喜ぶことをべらべらと喋って大谷はよくわかってるな!!って三成に懐かれる。子供うぜぇとか眼が輝いてるのがムカつくと思いながら適当に接して、でも幸せな三成が苛々してどうしようもなくて、一回心のどろどろしたことをぶちまけてみたら、お前のそれが本心なのだな、これからも私にそれを言え、とかなんとか言われてなんだこの子供分かった気になってんじゃねーよとまたぐつぐつ悪いこと考える大谷。
 ↓
・半兵衛が遠征の時に面倒を見る役にいつの間にかなってしまったから、家康が来てからもそれが続いていて、(*それでも二人の関係はかなり遠い)、三成はお前によく心を開いてるようだなとか言う家康にあんな小童うざったくてかなわんみたいなことを言って家康がなんか楽しそうでそれもまたいらいらするみんな不幸になればいいのに・・・。

・家康に近づいたのは幸せな家康が不幸になるところを見たいから。三成に恨まれる家康がこれから不幸になるとしてもなんかもう待つのは飽きたので不幸を待つより呼び寄せようとしたアグレッシブな大谷。

・家康は復讐は駄目だと言うけどその復讐に関しても許容する復讐と許容できない復讐がある。
 三成は復讐のために生きているから却下。復讐が済んだ後に行きつく先がないので。
 元親の場合復讐したあと墓を立てて云々とその後のあれがあるのでいいらしい。
 結局死んだ人のための復讐と自分のための復讐とで差ができるらしい。
 でもよくわからん。


・成長過程をカルテにまとめるためにER3生活では24時間365日監視されるので人前で裸になることに何も抵抗がない真心。
 スタンダードなあの黒襟下着で動き回るので地面に転がってると下からおっぱい見れる。
 どう考えてもロリコンですほんとうにあr

・真心が19年間生きてきて着た服が「下着」「病人服」「メイド服」「浴衣」の4種類とはこれいかに。

・真心の治癒能力の高さはどれだけ注射器刺されようが2分後ぐらいには針の痕消えてる。
 腹を割いても次の日には傷痕がない。

・病は気合で治す。

・時刻が夜中に突然暴れ出しておかあさんおかあさんと真心にしがみつき僕を捨てないでと懇願するハートフルストーリーをくれ
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤下
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]