忍者ブログ
主観的な内容ばかりなので閲覧注意です。どうでもいいことも多く書いてます。
[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 どうしても真心と家康を重ねてしまう・・・いや、駄目なんですけど。○○みたいーとか明らかに駄目なんですけど。どうしてもこう・・・キャラクタについて考えるとどうしても「もしかしてこいつもあいつみたいな・・・!」と妄想してしまう病。もはや癖ですね。爆殺してくださいペリルポイントォ!!

 そんなわけで家康の最も不幸な点が「自分が不幸だと思えない不幸」だったらと思うと頭が破裂しそうです。幼い頃から色んなものを失って奪われて色んなことを乗り越えて強く成長できた結果、今まで己の失敗のせいで死んだ人たちが最も不幸、自分が不幸だなんて思っていられない、しかも今10万人もの兵に慕われて、日ノ本一の果報者であると思える。それを自覚しているからこそ、周りもあいつはなんて幸福なんだろうって目で見るし、人生の成功者みたいにカテゴリに分類される羽目になったり。
 三成や大谷は自分が一番不幸なんだから周りも皆不幸になればいいのに憎い奴は皆死ねばいいのにって声高に叫べるし嫌なことも辛いこともむしろ不幸自慢ばりに吐き出すのであああいつはなんてかわいそうなんだろうなんて不器用で純粋なんだろうと思っちゃうという。
 家康も自分が幸福だと思い込んでるから今までの不幸なんて眼中になくて、三成から全て奪ってしまった大谷を救えないだとか何でもかんでも自分のせいにして、少しでも不幸になってしまった人の痛みを受け入れたがる癖に、それでだいぶ傷ついてるくせに自分が傷ついてるのに気づけないなんという負のスパイラル!!

 半兵衛の「秀吉も人だ。(ねねを殺して)傷つかないとでも思っているのかい」という言葉を言い換えて置き換えるなら、家康も人だけれど、傷つかないと思っている(自分で)。

 真心とは方向性違うけどそう考えると痛い。
PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤下
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]