忍者ブログ
主観的な内容ばかりなので閲覧注意です。どうでもいいことも多く書いてます。
[108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 軋識ように、好きな女の子と大切な家族を天秤にかけて決め切れなくて、でもどちらも護ろうとした結果どちらも取り落とすけど自分だけは守りきるような、
 家康のように平和のためにすべての人のために全てを助けて護ってあげたかったけど結局全部護りきれなくて三成とか刑部とかを切り捨てて平和を手に入れるような、
 真心のように大切な家族や自分の生きる意味をようやく手に入れても、いーちゃんが嫌う人殺しに手を染めてしまうような、
 そんな、少年漫画の主人公のように全てを救えてしまうような偉大な人にはなりきれない、人のエゴから手を離せない二流の英雄が好き。

 主人公より脇役タイプが好きになるのはおそらくこのせい。悟空も最終回的には護れてるけど、やっぱり何度も仲間を死なせちゃってるし、悟飯も父親を単体では越えたけど護りきれなかったし、欠点萌えじゃなくて、最強キャラの不器用萌え、なのかなと思う。

 ブリーチの藍染が好きなのは、方向性が違うけどほぼ最強キャラなのにどうせ最後には倒されるんだろというオチが見えてるからかなぁと思う。
 こういう言い方は不謹慎だけど、だからこそ誰も死なない作品での主人公にはあまり惚れこまないかな・・・。リボーンとかそういう感じ。あっトリコ映画化おめでとうございます。月光条例アニメ化しないかなぁ。
 リボーンではXANXASが好きでしたがユニも好きでした。死ぬのが怖くて泣き出すけど好きな男が一緒に死んでくれるのなら笑って心中する生々しい女心みたいなのが、リボーンに似つかわしくなくてびっくりしたけど、そういうの好きです。リボーンってどうせγが抱きついてきたら私一人で死にます、貴方は幸せになってくださいね、ってユニだけ死ぬもんだと思ってたから、びびった。アニメのOP?ED?の死ぬコンビの演出、良かった。
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤下
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]