忍者ブログ
主観的な内容ばかりなので閲覧注意です。どうでもいいことも多く書いてます。
[164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 痛い・・・。これは工場でのバイトの再来の痛み・・・ぶっちゃけ物凄く眠い。

 女体化家康とかどう思います?と聞かれたので、もしかしたらいつか女体化家康ブームが来るかどうかもわからないので、うちの設定というか、こういう感じになるかなーということだけ書いておきます。まぁそのときが来たら考え変わってるかもしれませんけども。
 とりあえず、男家康とぜんっぜん何も変わらないですかね。BASARAは女だからって見くびられたりとか、あんまり無いですよね? いつきとか蘭丸とか、鶴姫とか、子供が見くびられるけど、まつとか濃姫とかただ美しいとか怖ろしいって言われるだけ・・・のような記憶が。武田辺りが女が戦場に出るなんて~とか言ってた気もしますが、BASARAは強い女性っていうのが結構居ても不自然じゃない見方なのかな?と勝手に思ってます。なので家康が女化したら思想と希望で人をまとめる女傑? 孫市みたいな扱いにする、予定?

 でもとりあえず、涙もろいイメージですよね、女って。何でですかね?私も結構涙もろいので、そのせいかもしれないです。女=弱いイメージが定着している・・・これがジェンダー・・・!!
 まぁこれは別に男家康でもいいんですけど、ぼろぼろ泣きながら三成、すまない、三成、って泣く家康に「やめろ! 可哀相なフリをするのを今すぐやめろ! 気持ちが悪い! すぐに、それを、やめろ!」って鞘で殴打する三成をいつか書きたい。
 「可哀相ぶるな」とか「可哀相なフリをするな」とか、おめーどの口が言ってんだよと言いたくなる、そういうシリアスな空気を一笑したくなるようなお話好きです。

 兎軋だけど「くたばれペドフィリア」「死に絶えろネクロフィリア」って挨拶する話も、実は書きたかったりする。口汚く罵るカップリングはマジで好きなんだなと思った。「お前らマジで付き合ってんの?嘘だろ?今日は4月1日じゃないよ?」みたいな全然険悪なCPが好きです。
 そう考えるとなんで私は刑部とクロカンのCPに嵌まらないんだろう。藤下七不思議のひとつ。(くだらない

 折りたたみで拍手お返事です。


くまさんへ
 三成が皆に可愛がられるのは、三成に天下を与えるということを刑部しか考えてないからじゃないかなぁ、と考えてました。幸村はお舘様に天下を渡したいはずだから、例え西軍が勝ったとしても、信玄が病気から治ったら西軍メンバーに反旗を翻すんじゃないかなぁ、と思ってました。そもそも本人が天下など人にくれてやるとか言ってますからね・・・。西軍が勝ったら本当にお先真っ暗としか思えないです。(特に東北) 毛利が中国じゃなくて日本全部を平定してくれたらいいのですが、安芸以外どうでもいいらしいですからね・・・。私の地元涙目です。
 家康が三成のことをどう思っているかは、考察はやらないと決めたのでしっかり考えることはできませんが、家康目線の三成像を表す文でも、いつか書こうと思います。逆に三成視点の家康も。ロマンチストクオリティと結構前に書いただいたいのイメージの文よりちょっと変わってる気もする話になりそうですが、そこは目を瞑っていただけると幸いです^^
 大学に入ってから論文形式に慣れすぎたせいで、他の人の意見を踏襲しすぎる癖もあったりしたのでしょうね・・・。○○は××だと思う、故に△△である、という形が、一番分かりやすいと思うので。
 自分が正しい、どれだけ熟考したとしても、やっぱり感情移入や愛は影響すると思うので、好きなキャラが自分の思い描いていた方向ではない風に貶されていたら、やっぱり嫌なのではないでしょうか? 精神鑑定のプロというわけではありませんし、アマチュアの、自分と同程度の人に一方的に見られたら、怒るかもしれないです。分かりませんが。
 女化家康については、特に何も考えてませんでした。普通に好きですが。好きキャラを性転換はよくあるネタですし、家康のように筋肉質でむちむちしている体形だったら、女化したら凄いいい女なんじゃないの!? と思うのは自然の流れでしょうし。どこかで家康の平等愛や博愛は母性やら女神のようだというのを見たので、確かにそのイメージもあるのかもしれません。でも私は家康は第一に「かっこいい」が来るので、私にとって家康は神の中でも一応戦いの神タイプなのです。(これは今読んでる家康の本の影響ですが)聖母じゃなくて。
 なので家康が女になっても、何も違いはないんじゃないかな、というイメージでした。子供は跡継ぎが必要だったら作るし、政略結婚も特に何も思わない、思考回路が完璧男のもので、女としての幸せなんて多分無いものだと思います。そもそも男の幸せも手に入れられるか不思議なところですしね・・・それを言うなら人間の幸せというものも正しく理解できているのかっていう(ry
 考えたことは全部お話で発散しますので、もしかしてこれってこういうこと? ここの所こう解釈したけど、同じ考えだったとか、そういうお話期待してますね^^^^ やりたくなったら是非どうぞ! 楽しみに待ってます^^
 こちらこそやたら長くなって申し訳ないです・・・。えーそれでは行ってらっしゃいませ! コメントありがとうございました!

※返信はお構いなく~の方へ
 返信させていただきますね^^ 特にお構いなく! 私も人の名前よく間違えますので(フォローになってない)
 藤下も「とうげ」と読めるので、「とうげとうげ」と覚えてくだされば多分・・・! ああ、谷で峠だったんですね。それは気付きませんでした・・・。わざわざありがとうございました!
PR
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
藤下
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]